寿司屋の魅力は、「鮓」、「鮨」、「寿司」の要素をちりばめた演出・・

おはようございます。

神戸須磨 海苔専門店 ㈱河昌店主 藤井昌治です。

大好きなすしについて、調査報告です。

寿司大学で3か月の修行をした卒業生が運営するお店が

ミシュランに掲載されたということで

マスコミなどでも話題の

大阪福島の「鮨千陽」に妻と行ってきました。

ランチは2800円とお手頃です。

1時間強の時間で出していただく

SUSHI

改めて「すし」には

寿司、鮨、鮓

の3つの要素があることを実感し、

このお店はこの3つを上手に組み合わせて

客を楽しませている、喜ばせている、満足させている・・

のだろうと思い、

僕も満足して帰りました。

 

まず、

作るところを演出して見せる。・・「魚偏に作る」

 

次に、

当たり前のことですが、旨い。・・「魚偏に旨い」

 

そして

寿司

「寿を司る」・・幸福な気分に浸らせる

客一人一人を職人が見送って幸せな気分に浸ってもらう。

これ以外にも、

いたるところに

 

「鮓」、「鮨」、「寿司」の要素をちりばめた演出・・

 

これは自店にも取り入れる要素、

取り組む課題がたくさんあると気づかせていただきました。

神戸のお客様にもこんな要素を

そのお店らしく演出したお店がたくさんあります。

是非行って発見してください。

 

そうだ、お昼はお寿司にしよう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
のりのりHAPPY 海苔専門店
神戸須磨 株式会社 河昌(かわしょう)
日・祝休み 10:00~17:30営業
JR須磨海浜公園駅 北西徒歩2分

須磨のりホームページ

寿司屋さん向けホームページ

女将のブログ

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください