須磨駅は海の入口春の雲  古賀しぐれ主宰の句です。 「未央俳句会 神戸支部」の皆さんが「須磨のりの漁場見学」に来てくださいました。

須磨駅は海の入口春の雲  古賀しぐれ

古賀しぐれ主宰の句です。

1月30日(火)、義母が参加する「未央俳句会 神戸支部」の皆様27名が

須磨のりの漁場見学に来てくださいました。

当日は寒い日でしたが、

幸いお天気に恵まれ、

風もそんなに強くなく、

すまうら水産さんのご案内で

漁船に乗せていただいて

須磨のりを摘み取っている

「もぐり船」のすぐ近くで作業を見学させていただき、

その後、工場で普段見るような四角い海苔に仕上げていく工程を

見学しました。

私がご案内したのはここまででしたが、

その後、皆さんはシーパル須磨に移動して昼食を食べながら、

句会を開かれました。

 

その時に作った俳句を披露してもよいと許可していただきましたので、

何回かに分けてアップしますので

お楽しみに・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください