身も心も温まる!お鍋が美味しい季節です!須磨のり のりのり海苔鍋

こんにちは。

神戸・須磨 海苔専門店須磨海苔の河昌・女将の藤井です。

焼海苔ってどうやって食べるの?
味付海苔文化圏の神戸にある当店のお客様によく聞かれる質問です。

我が家はいつも食卓に一番摘みの焼須磨のりをストック
事あるごとに巻いたり挟んだりちぎってまぶしたり・・・

そんな我が家の食卓をご紹介します。

海苔鍋
須磨のりたっぷりの海苔鍋

 

昨夜も遅くなってしまい、買い物に行く道中がもう寒い(^_^;)

・・・ということでぱぱっと作れて温まれる「お鍋」にしました。

 

前々から一度やってみたかったのですが、

普通のお出汁(昆布だしに酒・みりん・薄口しょうゆ)に海苔をたっぷり入れて

海苔鍋
お出しに海苔たっぷり

海苔鍋!

(土鍋じゃなくてごめんなさい!出すの面倒でした)

最初全形海苔2枚をちぎって入れましたが

足らない気がして、もう2枚追加しました。

 

お出汁に入れた時の香りがまずたまりません。

交感神経ゆるゆるになっちやいます!

昨日は具材に鱈を入れたのですが、

海仲間ですから、海苔の出汁に良く合います。

海苔の旨味も相まって美味しく温まりました。

 

 

同じ使うなら、やっぱり美味しい海苔使って下さいね。

焼須磨のり
パリッと一番摘み 焼須磨のり

須磨で採れる海苔のなかでたった3%の希少価値

一番摘み焼き須磨のり  詳しくは こちら です。

 

ついでに・・・お出汁を取る出し昆布

出し昆布
高級すし店御用達の北海道産出し昆布

見た目はしわしわですが、お水に入れるとぱっと広がって

お出汁も良く出ます。

お寿司屋さんにも海苔を卸しておりますが、そのお関係で

高級お寿司屋さんでもバックヤードでお使いいただいてますよ!

詳しくは こちら です。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

お陰様で創業46年

海苔専門店

須磨海苔の株式会社 河昌(かわしょう)

須磨海苔ホームページ

こだわり寿司屋さん向けホームページ

JR須磨海浜公園駅 北西徒歩2分
日・祝休み 10:00~17:30営業   地図

お中元・お歳暮/お供・粗供養/内祝・引き出物/
お土産/粗品・販促品・法人ギフト/ご自宅用etc

須磨海苔の河昌女将でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください