乾椎茸を美味しく戻すには!?

乾椎茸を美味しく戻すには!?

その1.しいたけはサッと流水で水洗いし容器に入れる

 

軽くゴミをとる程度にしいたけを流水で洗い、容器に入れます。

容器は密閉性の高いタッパーやファスナー付きの密封袋などがおすすめです。

その2.最大のポイント! 必ず冷水を使いましょう

干し椎茸の美味しさは、

「95%戻し方で決まる」

といっても過言でないほど、戻し方が重要です。

 

しいたけを容器に入れたらしいたけがかぶるくらい、

ひたひたに水を入れましょう。

 

このとき、ぬるめの水はNG!

砂糖を入れてレンジでチンとか

お湯に1時間つけてとか簡単に言いますけど、

 

約5℃くらいの冷たい水を入れてくださいね。

 

冷水でじっくり戻した場合は吸収も良く、

しいたけ特有のうまみ成分であるグアニル酸が 沢山出てきます。

 

グアニル酸は戻し始めて5時間前後に最大になるらしいです。

 

その3.しいたけの厚みに応じて6〜24時間冷蔵庫で置く

しいたけの種類にも寄りますが、

約6~24時間くらい冷蔵庫に入れ、じっくりと戻していきます。

旨味成分を存分に引き出すためにも

一定の時間をかけることもポイントの一つになります。

 

(冬菇などの実が厚いものは2~3日かけてじっくり戻して)

という方もいるくらい、

戻すときに時間をかけてください。

 

これで味が決まりますから・・

 

通常は、夕飯の支度をするときに、

ササッとしいたけを冷水に入れて冷蔵庫においておくだけで、

翌日の朝には、

しいたけが戻された状態になっているので朝ご飯のお味噌汁にはもちろん、

夕食の素材としても使えます。

 

戻す作業をちょっとした習慣にしておくと、とっても便利なのです。

しいたけの戻し時間の目安
・冬菇(どんこ)・・・24時間くらい

・香茹(こうこ)・・・24時間くらい   

 

・香信(こうしん)・・・6~12時間くらい

 

・スライス・・・6時間くらい

 

 

足の部分が柔くなれば水戻りは大丈夫です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください