河昌俳壇  海苔舟や摂津播磨の海境  松葉郁子様

未央俳句会の皆さんが

須磨のりの漁場見学に来ていただいたときに

詠まれた俳句を紹介しています。

 

海苔舟や摂津播磨の海境  松葉郁子様

 

河昌俳壇も、今日を含めてあと二日になりました。

 

今日の句の作者は、義母です。

ちょうど向こうに見える山の稜線に沿って

摂津と播磨の境になります。

 

その昔、

源義経が一の谷の逆落としの奇襲をかけたのも

この辺りかもです。

 

因みに神戸市は摂津と播磨の2か国にまたがっています。

 

さらに兵庫県は、淡路・但馬・丹波を加えた5国から成り立っています。

 

5国からなっているのは、兵庫県だけ!!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
のりのりHAPPY 海苔専門店
神戸須磨 株式会社 河昌(かわしょう)
日・祝休み 10:00~17:30営業
JR須磨海浜公園駅 北西徒歩2分

<a href=”https://www.sumanori.com/”target=”main”>須磨のりホームページ</a>

<a href=”http://sushinori-kobe.ocnk.me/”target=”main”>寿司屋さん向けホームページ</a>

<a href=”https://kobeblog.net/u/57437a/”target=”main”>女将のブログ</a>

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください