今さら聞けないお歳暮の豆知識  もし、贈る時期を逃してし…

こんにちは。

お中元・お歳暮 粗供養 内祝 法人ギフト 神戸名産・須磨海苔の河昌女将の藤井です。

明日は12月10日という何となく区切りの日なので、

今日はお歳暮出荷第2の山のような気がします。

でも、そこおは師走!皆様お忙しい

もしももしも、年内お歳暮を贈ることができなかったらどうしましょう!

そんなときは、新年のご挨拶として、

松の内なら「お年賀」

寒の入りを過ぎれば「寒中お見舞」や「寒中お伺」

という形で送れば大丈夫ですよ!

ただし、双方喪中の場合は、お年賀はタブーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください