河昌通信83号 新入社員の小谷です。

新入社員の小谷です。
今回はシーズン真っただ中・・太刀魚釣りの話です。

10月も終わりに近づきいよいよ秋らしくなってまいりました。
神姫間では陸からのタチウオ釣りが最盛期を迎える頃でもあります。
引き良し食べて良しの人気のターゲットで夜の堤防は電気ウキやケミホタルの光が沖へ向けて飛び交います。
浮きで狙うタチウオは餌にしっかり食い付かないことが多く、
アタリがあったらたばこで一服してからアワセを入れろと言われるくらいに食いが渋いとされています。
釣りたてのタチウオは青みがかった銀ピカボディがギラギラととても美しいですが、
〆て暫くすると黒みがかった銀色に変化していきます。
とても貪欲な性格なのか餌を追いかけて砂浜近くまでやってきたり、
海面をジャンプして捕食する姿には驚かされました。
釣れたタチウオは頭と内臓をとってブツ切りにして塩焼きや煮魚にするのが我が家の定番です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください